Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、日本と通貨発行国の金利差のことです。

日本の金利が、通貨発行国の金利よりも低い状況の時に、その外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されていきます。要は金利収入のことです。

たとえば日本の金利が1%、購入した外貨の発行国の金利が5%だとすると、両国の金利差である4%がスワップポイントとして入ってくるのです。

日本の金利より、より高い国が相手の方が有利ですよね!

レバレッジ効果は、このスワップポイントにも影響してきます。

たとえば、両国の金利差が4%の時に、レバレッジを10倍にして外貨を購入すると、スワップポイントは保証金に対して40%にもなるのです。

ただし、スワップポイントが入ってくるのは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合です。

逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合は、スワップポイントを支払わなければなりません。

ですので、スワップポイントを得るためには、日本よりも高い金利の国と取引をすること!となります。

特に注意すべき点は、外貨の売りから取引を始めた場合は、以下の点を必ず頭に入れておく必要があります。

外貨の売りから始めた場合、ドル安円高になるほど為替差益を得ることができまるという有利な点はあります。

しかし、一方でスワップポイントを支払わなければならないため、コストが割高になります。外貨の売りから取引を始める場合は、この点に留意する必要があります。

この点だけはゼッタイに忘れないで下さい。
①外貨の売りから始めた場合
②ドル安円高になった場合

スワップポイントは、大きな利益を生む可能性がある一方、上記の点だけは、避けなければなりません。

外貨の売りから、始める場合は、FX取引会社の担当者の方に十分確認をしてくださいね。

あせってはじめる必要はないのですから、なるべくリスクの少ないものから始めるようにするほうが良いので、と思います。。。

スポンサーサイト

レバレッジとは

レバレッジとは何でしょう?

FXの大きな特徴で少額の元手で大きな取引ができることをいいます。

このメリットとデメリットについてお話しましょう。

「レバレッジ」の効果とは「テコの原理」のことなんです。

テコの原理とは、小さい力で重いものを持ち上げることのできる仕組みを指します。

FXで言う「レバレッジ」とは、少しのお金で、大きなお金を動かすことができることをいいます。

なんだか、自分でもできるかなって思い始めてきますよね!?

10万円の保証金を収めることによって、1万ドルの取引ができるとしましょう。

1ドル=120円であれば、10万円の元手で、実際には120万円相当の米ドルを取引していることになります。

つまり、保証金として納めた10万円を元本とみなすと、元本に対して12倍ものレバレッジがかかることになるのです。

10万円が120万円に化けたと考えても言いと思います。

仮に、1ドル=120円で米ドルを買った後、1ドル=130円までドル高円安が進んだとします。

1万ドルを買っているのですから、日本円にして120万円が130万円にフ増えたから、為替差益は10万円!

でも、元手は保証金として納めた10万円ですから、その元手から見た利益率は100%にも達します。 これってすごいですよね。

毎日何気なく聞いている、ニュースで1ドルが120円から130円になっただけで、保証金の10万円が倍の20万円になって10万円も増えるんです。

ここで止めてしまえば、まるまる10万円の儲けですよね!

では、外貨預金だったらどうでしょう。

1万ドルの米ドル預金を作成するのに必要な金額は、1ドル=120円だとしたら120万円です(手数料は含めずに計算します)。

1ドル=130円までドル高円安が進めば、120万円が130万円になり、10万円の為替差益が得られます。これは、FXと同じです。

でも、FXの元手が10万円であるのに対し、外貨預金の元手は120万円。

利益率は8.33%足らずです。FXの100%と比べると、大きな差があることに気付くでしょう。この違いが、レバレッジ効果なのです。

FXと外貨預金の違い、おわかりいただけましたか?

FXは、より大きな投資の可能性を秘めているということがお分かりいただけたと思います。魅力的ですよね!!!

FXって何?

FXとは取引条件の有利な新しい外国為替投資ツール!


FXとはForeign Exchange、つまり外国為替取引の略称のことです。

ただ、個人投資家の間でFXという場合は、「外国為替保証金取引」のことを指すのが一般的です。

外国為替保証金取引は、個人投資家にとって新しい外国為替投資のツールとして、人気を集めています。

その理由は、同じ外貨建て金融商品である外貨預金や外貨MMF、外貨建て外債などに比べて、取引の条件が有利だからです。

たとえば為替手数料。外貨預金の場合、米ドル建てで1ドルにつき片道1円、往復で2円が取られますが、FXの場合は、手数料が高いところでも、往復で20銭程度です。安いところになると、6銭程度で取引できるところもあります。

また、外貨定期預金のように満期の定めがなく、いつでも自由に売却できますし、外貨の買いだけでなく売りから取引を始めることもできます。つまり、円高でも為替差益を得ることができるのです。

こうしたメリットに気付き始めた個人投資家が増えており、それが最近のFX人気につながっているようです。

<FXのメリット>
①外貨預金に比べて、為替手数料が安い!!!
②外貨預金のような満期がない。⇒いつでも始められ、いつでも止められる。
③レバレッジ効果がある(これは、後ほど詳しくご説明します。驚く秘密(可能性)がありますよ!)


00« 前のページ | Home |
[PR] チャリティー カード 防災 / FC2ブログ

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

バリ

Author:バリ
株初心者のサラリーマンです。株式投資ではIPO参加とバリュー株投資で少しづつですが成果があがりつつあります。本ブログに日々の投資結果などを記録しつつ、投資スタイルを確立していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

記事中で紹介したFX業者リンク

ポチッっとご協力お願いします

にほんブログ村 小遣いブログへ

最近のトラックバック

本サイトの訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。