Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジとは

レバレッジとは何でしょう?

FXの大きな特徴で少額の元手で大きな取引ができることをいいます。

このメリットとデメリットについてお話しましょう。

「レバレッジ」の効果とは「テコの原理」のことなんです。

テコの原理とは、小さい力で重いものを持ち上げることのできる仕組みを指します。

FXで言う「レバレッジ」とは、少しのお金で、大きなお金を動かすことができることをいいます。

なんだか、自分でもできるかなって思い始めてきますよね!?

10万円の保証金を収めることによって、1万ドルの取引ができるとしましょう。

1ドル=120円であれば、10万円の元手で、実際には120万円相当の米ドルを取引していることになります。

つまり、保証金として納めた10万円を元本とみなすと、元本に対して12倍ものレバレッジがかかることになるのです。

10万円が120万円に化けたと考えても言いと思います。

仮に、1ドル=120円で米ドルを買った後、1ドル=130円までドル高円安が進んだとします。

1万ドルを買っているのですから、日本円にして120万円が130万円にフ増えたから、為替差益は10万円!

でも、元手は保証金として納めた10万円ですから、その元手から見た利益率は100%にも達します。 これってすごいですよね。

毎日何気なく聞いている、ニュースで1ドルが120円から130円になっただけで、保証金の10万円が倍の20万円になって10万円も増えるんです。

ここで止めてしまえば、まるまる10万円の儲けですよね!

では、外貨預金だったらどうでしょう。

1万ドルの米ドル預金を作成するのに必要な金額は、1ドル=120円だとしたら120万円です(手数料は含めずに計算します)。

1ドル=130円までドル高円安が進めば、120万円が130万円になり、10万円の為替差益が得られます。これは、FXと同じです。

でも、FXの元手が10万円であるのに対し、外貨預金の元手は120万円。

利益率は8.33%足らずです。FXの100%と比べると、大きな差があることに気付くでしょう。この違いが、レバレッジ効果なのです。

FXと外貨預金の違い、おわかりいただけましたか?

FXは、より大きな投資の可能性を秘めているということがお分かりいただけたと思います。魅力的ですよね!!!

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

バリ

Author:バリ
株初心者のサラリーマンです。株式投資ではIPO参加とバリュー株投資で少しづつですが成果があがりつつあります。本ブログに日々の投資結果などを記録しつつ、投資スタイルを確立していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

記事中で紹介したFX業者リンク

ポチッっとご協力お願いします

にほんブログ村 小遣いブログへ

最近のトラックバック

本サイトの訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。