Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取引のコストについて

FXのコストには2種類あります。

ひとつは為替手数料です。これは、円を外貨に替える、あるいは外貨を円に替える際に取られる手数料です。普通の銀行との振込み手続きでも手数料はつきものですからね。それと同じです。

これは、外貨預金や外貨MMFなどでも取られるコストですが、基本的にFXの為替手数料は、他の外貨建て金融商品よりもはるかに格安に設定されており、コスト面では極めて有利です。

ただ、ここで注意しなければならないのは、もうひとつの隠れたコストがあることです。

実際にFXを始めるとわかりますが、提示される外国為替レートが二本値になっていることに気付くでしょう。

たとえば、「120.25‐120.30」というようにです。

これは、決して1ドル120円25銭から120円30銭の間で取引されているという意味ではありません。

外国為替レートは、2ウェイプライスといって、外貨の買いと売りのレートを同時に提示する習慣があります。

前出の例で言うと、投資家から見て

「120円25銭で1ドルを売れます。1ドル=120円30銭で1ドルを買うことができます」

という意味になるのです。そして、2つの数字の差額に相当する5銭が、スプレッドという名のコストになります。

FX会社のなかには為替手数料を無料にしているところもありますが、この手の会社のなかには、スプレッドを高めに設定しているケースもあります。

FX会社のコスト比較をする場合は、為替手数料だけでなく、スプレッドも合わせてチェックすることが肝心です。

為替手数料無料のうたい文句に引かれてみたら、スプレッドが高めの設定だったというのはよくある話です。

コストは、為替手数料とスプレッドの2つセットで損得を考えていくようにしましょう!

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/01/23
  • - ◆
  • [ ]
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

バリ

Author:バリ
株初心者のサラリーマンです。株式投資ではIPO参加とバリュー株投資で少しづつですが成果があがりつつあります。本ブログに日々の投資結果などを記録しつつ、投資スタイルを確立していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

記事中で紹介したFX業者リンク

ポチッっとご協力お願いします

にほんブログ村 小遣いブログへ

最近のトラックバック

本サイトの訪問者数

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。